パグの性格や特徴は?            病気や飼う時の注意点はあるの?

パグの特徴や性格、かかりやすい病気、飼い方の注意点は?

こんにちは、梓このはです。

鼻ぺちゃでクシャっとした顔のブサカワ犬パグその特徴や性格、かかりやすい病気、しつけや飼い方など、どういった事に気をつければ良いのでしょうか?

パグの特徴は?

サイズ:小型

・体重:6k~9k

・平均寿命:12歳~15歳

・出生:中国

・毛色:フォーン、シルバー、ブラック、アプリコット、白、ブリンドル

鼻ぺちゃで、クシャっとした顔がとてもチャーミングなブサカワ犬のパグ。

陽気でのんびりとしていますが、実は活動的。

耳は垂れ耳で目は丸く、しっぽは巻いています。

鼻が短い、いわゆる短頭種なので、いびきをかいて寝るのも特徴の一つです。

とても人懐っこい性格で、家族の人気者になるでしょう。

パグの名前の由来は、 ラテン語で、握りこぶしという意味のパグナスと言われています。

古く中国に存在していたとされています。また、紀元前400年ごろには仏教寺院で飼われていたという記録もあるようです。

パグの性格ってどんな感じ?

陽気で活動的で遊び好き。のんびり屋で人懐っこい性格です。

率直で落ち着きがあり、飼い主の言うことをよく聞く良い子の典型的な犬種と言えます。

警戒心もなく、無駄吠えはあまりしないので、番犬として向いていません。

とても穏やかな性格ですが、頑固な一面もあり、自立心も旺盛なので、自分が正しいと思った時は言うことを聞いてくれない時もあります。

ですが、基本的には飼い主に献身的で愛情深いのでとても飼いやすい犬種です。

パグのかかりやすい病気はどんな病気?

パグの特徴から、様々な病気がみれらます。

どんな病気があるのでしょうか。

・膝蓋骨脱臼(パテラ)

膝の皿の骨が、正常な位置からずれたり外れたりする病気。

形成異常がある先天的なケースと、転落や打撲などて誘発される後天的なケースがあります。

3本足で歩いていたり、スキップや足を引きずる様な歩き方をしていたら要注意。発見が遅れると、
足が曲がってしまうので、早期発見、早期治療が重要です。早めに獣医師の診断を。

・鼻腔狭窄/短頭種気道症候群

短頭種に多い病気で鼻の穴と鼻腔が狭まった状態のことを言います。

主な症状は、鼻の穴が狭まっている、鼻がグーグーなる、呼吸が荒い、鼻水がよく飛ぶ、呼吸困難によるチアノーゼが起きるなどたさんの症状があります。

先天性の場合が多く、原因はありません。

治療は手術しかなく、短頭種の場合は、麻酔のリスクも高く担当医師とよく相談した上で判断した方がよいでしょう。

予防としては、過度な運動はさせない、熱中症にならないように注意をするなどです。

・皮膚病

鼻の周りのしわの間が汚れやすく、そこから皮膚炎になりやすいので、こまめにガーゼなどでふき取ってあげましょう。

・気管虚脱

気管が押し潰されて呼吸困難になったり、慢性的に咳が出る病気です。

乾いた咳をするようになったら要注意です。

特に発作が起きやすい夏は危険ので、しっかり様子を見てあげましょうです。

・熱中症

短頭種であるパグは、熱中症になりやすい犬種です。

鼻が短く口腔の面積が狭いので、熱を逃がすのがとても苦手です。

熱い夏時期は、冷房器具の活用や直日光の遮断や風通しなど工夫をしてあげましょう。

また、お散歩も、朝早い時間に行くなど時間帯も考えて負担を軽くしてあげましょう。

・壊死性髄膜脳炎/パグ脳炎

パグに多い病気で、パグ脳炎とも呼ばれています。

原因不明で、治療法もわかっていません。

主な症状としては、痙攣、昏睡、旋回行動、斜頸、起立困難などです。

症状や、脳脊髄液(CSF)検査やMRI検査の画像所見で仮診断を行います。

治療法も確立していないため、抗痙攣剤や免疫抑制剤を使用する方法も取られています。

発症すると、数週間から数ヶ月で死に至る場合もあるため、いつもと違う症状がみられたらすぐに獣医師の診断を受けましょう。

・軟口蓋過長症

この病気も、短頭種に多い病気の一つです。

別の名を「短頭種気道症候群」ともいい、外鼻孔狭窄や声門裂狭窄、喉頭小嚢外反、軟口蓋過症が含まれます。

口腔内の上顎の部分が通常より長く呼吸が妨げられて起こる呼吸器系の
疾患です。

症状は、呼吸時に雑音が聞こえたり、努力性呼吸、開口呼吸、大きないびぎかいたりします。病状が悪化すると、チアノーゼや呼吸困難、失神など、命に関わるケースもあります。

先天性の疾患のため、予防法はありませんが、肥満にならないように体重管理をするとか、夏の暑い環境に気を付けるなど気を配ることで症状を抑えることはできます。

パグの飼い方は?

短頭種のパグの飼い方について、しつけはどのようにすれば良いのか?

また、毎日の食事はどのように与えれば良いのか考えてみましょう。

パグの飼い方の注意点は?

遊び好きのパグですが、あまり活発ではなく太りやすいので、体重管理は十分気を付けてあげましょう。

太りすぎると、呼吸器系の病気を誘発してしまう可能性があります。

また、暑さ寒さに非常に弱く、夏は熱中症にかかりやすいので注意が必要です。

パグは短毛で、ダブルコートなので下毛があり、抜け毛もあります。

夏は特に皮膚病対策のために、毎日ブラッシングしてあげましょう。

また、パグは、パグ臭というパグ特有の臭いがあります。

完全に消すことはできませんが、こまめにシャンプーを心がける事で、臭いを抑えることはできます。

パグのしつけはどうすれば?

パグは基本的には素直で飼い主の言うことをよく聞くので、とてもしつけやすい犬種です。

陽気で遊び好きで、飼い主がかまってくれることで興奮してしまう場合もあります。

興奮しすぎないように、落ち着かせる訓練をしてあげましょう。

また、とても頑固な部分もあるため、自分が正しいと思った時は言うことを聞いてくれません。

プライドも高く、怒られる事を嫌います。

トレーニングに集中出来なくなってきたら、気分転換を図るなども良いでしょう。

パグの食事はどのように与えればいいの?

太りやすいパグの食事は、量や内容、回数など注意が必要です。

ご飯が大好きなパグは、とてもよく食べる犬種です。

つぶらな瞳でおねだりされて、ご飯を上げすぎたり、また、おやつを上げすぎないようにしっかり管理しましょう。

幼少期は、少量を一日3回くらいに分けて、成犬になったら、一日2回の食事で良いでしょう。

多く与えすぎず、決められた量を与え、おやつを与える時は、食事の量を少し減らすなどの工夫をしましょう。

太りすぎは、短頭種特有の病気を発症させてしまう可能性があります。

愛犬が健康で長生きできるように、気を付けてあげましょう。

パグのまとめ

とても、愛嬌がよくて人懐っこくいパグはとても飼いやすい犬種です。

無邪気な遊び好きで、飼い主に従順はパグですが、頑固な一面もあり幼少期のしつけはとても大切です。

きちんとしつけをして、体調管理もしっかりしてあげると、長く信頼できるパートナーになることでしょう。