ゴールデン・レトリバーの性格や特徴は?   病気や飼う時の注意点はあるの?

ゴールデン・レトリバーの特徴や性格、かかりやすい病気、飼い方の注意点は?

こんにちは、梓このはです。

人気№1を誇るゴールデン・レトリバーは、どんな特徴や性格なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

ゴールデン・レトリバーの特徴は?

サイズ:大型犬

・体重:29Kg~34Kg

・平均寿命:10歳~12歳

・出生:イギリス

・毛色:ゴールド、ホワイト

レトリバーという言葉は、レトリーブが語源で、回収という意味があり、もともとは、主人が撃ち落とした鳥や獲物を回収するのに活躍していたようです。

そのためか、ゴールデン・レトリバーはとても知能が高く、足腰もとても丈夫で俊敏です。

また、重いものも運べるため首や顎の筋肉もとても強靭です。

とてもたくましい体つきと、黄金に輝く美しい毛並みが魅力的です。

毛色は、ゴールドとホワイトの2種類です。

ゴールデン・レトリバーの性格ってどんな感じ?

とても温和で人懐っこく、また学習能力にも優れています。

ラブラドール・レトリバーと同様、盲導犬や聴導犬、警察犬、救助犬といろんな場面で活躍しています。

ゴールデン・レトリバーは、とても賢く洞察力もあり、愛情深くフレンドリーです。

飼い主にもとても忠実で、人と一緒に働くことを喜びとします。

小さい子供や老人のいる家庭でも安心して飼える犬種といえます。

ゴールデン・レトリバーのかかりやすい病気はどんな病気?

基本的に健康で丈夫なゴールデン・レトリバーには、どのような病気があるのでしょか?

注意点など見ていきましょう。

・股関節形成不全症

大型犬に比較的多くみられる病気で、成長する過程で形態的な異常が起きて、様々な症状を引き起こしてしまう病気です。

遺伝的素因や偏った栄養や運動などが原因といわれています。

股関節部が浅かったり、大腿骨が変形しているため関節がうまくかみ合わず、歩行異常などの症状がおこります。

見分ける方法は、横すわりやモンローウォーク、立ち上がる時に時間がかかってしまうとかそういう症状があります。

治療には、内科的治療と外科的治療があります。

内科的治療は、鎮痛剤やレーザー治療、運動制限、体重管理などです。

外科的治療の場合は、麻酔のリスクも伴うので、かかりつけの担当の先生とよく相談しましょう。

・胃捻転(胃拡張胃捻転)

胃が拡張して、ねじれてしまう病気です。

胃の周りの血流が遮断されて、ショック状態になるため、とても危険な病気です。

大型犬によくみられる病気で、フードの食べ過ぎや過度の運動がで胃が拡張し、それに伴って胃捻転を起こしてしまいます。

ドライフードを多量に食べた後にたくさん水を飲むことで、胃の中で膨張して胃拡張を起こしてしまうので、食事の量には注意が必要です。

食事のあとの運動で、急にぐったりとして、多量のよだれを流している場合は胃捻転の可能性が高いので、早急に動物病院に連れていきましょう。

食事の量に注意して、量を減らして、回数を増やすなどの工夫をしてあげましょう。

・アトピー性皮膚炎

ゴールデン・レトリバーは、アトピー性皮膚炎を起こしやすい犬種です。

遺伝的に、皮膚のバリア機能が弱く乾燥しやすいのが原因の一つです。

その他にも、室内のダニや埃、食べ物の影響もあるようです。

アトピー性皮膚炎は、目や口の周り、足先、脇、足の付け根などによく見られます。

症状がひどくなると、激しい痒みを伴い、掻きすぎてさらに症状を悪化させてしまいます。

シャンプーは、薬用シャンプーを使用した方がよいでしょう。

その子にあったしゃぷーを、病院で処方してもらうと安心です。

目や口の周りを痒がっているようなら、症状がひどくなる前に、動物病院に行って診てもらいましょう。

・悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は、血液の癌です。

ゴールデン・レトリバーは、悪性リンパ腫にかかりやすい犬種ですが、原因ははっきり分かっていません。

白血球のひとつであるリンパ球が癌化して起こる病気です。

主に、下顎、浅頚、腋窩、鼠経、膝窩などに発症します。

症状は、場所によってさまざまですが、食欲不振、体重減少、発熱などです。

リンパ腫は、場所的に触れたときに異物感を感じることがあるので、普段からスキンシップをして、異常がないか触ってみましょう。

何かおかしいなと思ったら、病院で検査を受けましょう。

・甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌が低下することで発症する病気です。

甲状腺ホルモンは主に体の代謝を活発にするホルモンで、分泌が低下すると元気がなくなったり、脱毛や、肥満、体温低下などの症状が起こります。

免疫介在性や遺伝性によるものが原因と考えられています。

治療は甲状腺ホルモン薬を投与して、不足しているホルモンを補います。

投薬は障害続けなければいけません。また、定期的に血中の甲状腺ホルモン濃度を確認するため検査を受けなければいけません。

この病気は早期発見、早期治療がとても大切なので、定期的に検査を行い、早期発見に努めましょう。

ゴールデン・レトリバーの飼い方は?

とても温和で世界で人気の高いゴールデン・レトリバーの、しつけや飼うときの注意点などはどのようなものがあるのでしょうか?

ゴールデン・レトリバーの飼い方の注意点は?

ゴールデン・レトリバーは、もともと狩猟犬なので、毎日の運動は欠かせません。

近くにドックランがあれば、そこで思いっきり走らせてあげるとよいでしょう。

運動量が少ないとストレスを感じてしまいます。また、走ることで普段使わない筋肉を鍛えることが出来ます。

公園は、他の犬や小さい子供もいる場合があるので、走らせるのは好ましくありません。

子犬の時には、一日一回、15分から30分を目安に運動させてあげましょう。

成犬期には、一日二回、30分から1時間を目安に運動させてあげましょう。

あまり無理はせず、辛そうなら切り上げるようにするとよいでしょう。

雨の日で、散歩を嫌がる場合は家の中でしっかり遊んであげましょう。

しっかり散歩をすることで、ストレスもなく無駄吠えなどもしなくなります。

ゴールデン・レトリバーのしつけはどうすれば?

ゴールデン・レトリバーは、飼い主に忠実で温和な性格なので、とてもしつけやすい犬種です。

とは言え、大型犬なので問題行動を起こしてしまうと、思わぬ事故になりかねません。

飛びつきや、噛み癖、くわえ癖などしつける必要があります。

ゴールデン・レトリバーは、人間が大好きなので、愛情表現で他の人にも飛びついてしまいます。

待てや、お座りなどを上手く使うことで飛びつきをなくすこともできます。

飛びつかずに、待つことができたら褒めてあげましょう。叱るより褒めることでいけない事を覚えてくれるでしょう。

ご飯を食べる時も、ずっと待てるように、家中を歩き回らないように、一つ一つしつけていきましょう。

どうしても、しつけが難しいと感じる時は、しつけ教室やドックトレーナーを利用してもよいでしょう。

ゴールデン・レトリバーの食事はどのように与えればいいの?

ゴールデン・レトリバーは、体も大きく食欲旺盛なので、肥満になりやすい犬種でもあります。

一日の必要量をしっかり把握して、管理しましょう。

シニア期になると身体の消費エネルギー量が、急に衰えてくるのでそれまでの量だと肥満になってしうので、コントロールが必要です。

また、とても食欲が旺盛でなので、出されたご飯を一気に食べてしまいますが、胃捻転が起きやすい犬種なので、早食いは注意しましょう。

ウェットフードとドライフードを混ぜるとか、ドライフードだけなら、少しふやかしてあげる工夫をするとよいでしょう。

器を床に直に置かずに、食器台を利用するとよいでしょう。

ゴールデン・レトリバーのまとめ

とても賢く飼い主に従順なゴールデン・レトリバーは、温和な性格で友好的。

小さな子供や老人のいる家庭でも一緒に暮らすことが出来る犬種です。

食事や運動など健康に注意して、長く生きてもらえば生涯にわたって本当に素敵なパートナーになってくれます。

ラブラドール・レトリバーとの違いは?

主な違いは、毛の長さで、ゴールデン・レトリバーは長毛種、ラブラドール・レトリバーは短毛種です。

そのため、体の温め方にも違いがあります。

ゴールデン・レトリバーは、寒いときも被毛が体を守ってくれますが、ラブラドール・レトリバーは短毛なので、体脂肪で身体を守ります。

食事もラブラドールには、体脂肪を保つ食事が必要となります。

原産国も全く違い、ラブラドール・レトリバーはカナダでゴールデン・レトリバーはスコットランドです。

レトリバーと言うのは「回収」という意味があり、ゴールデン・レトリバーもラブラドール・レトリバーももともとは狩猟犬でした。

性格は、どちらも飼い主に忠実で、人懐っこくとても賢い犬種です。

毛色にも違いがあり、ラブラドール・レトリバーにはブラックやチョコレートの色がありますが、ゴールデン・レトリバーは基本的にはゴールドやクリームだけです。

ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバーは、似ていますが、それぞれ特徴が違うので、違いを認識して迎え入れてあげましょう。