ボルゾイの性格や特徴は?          病気や飼う時の注意点はあるの?

ボルゾイの特徴や性格、かかりやすい病気、飼い方の注意点は?

こんにちは、梓このはです。

長い被毛を優雅に靡かせて美しい姿で走るボルゾイですが、特徴や性格、かかりやすい病気、食事の与え方などを見てみましょう。

ボルゾイの特徴は?

・サイズ:超大型犬

・体重:34Kg~47Kg

・平均寿命:7歳~10歳

・出生:ロシア

・毛色:ホワイト、ブラック、グレー、ブリンドル、ブルー、フォーン、シルバー、
ブラック&タン

ロシア語で俊敏という意味を持つボルゾイは、その名の通り、走行時速が50km/hと、走るのがとても速く、オオカミ狩りの猟犬としてロシア帝国の貴族に飼われていました。

ボルゾイは、ロシア原産なので寒さにはとても強いですが、暑さには弱い犬種です。

ボルゾイの体形は、とても美しい流線型で顔が細く身体の割に小さいのが特徴です。

体は細くても、とてもがっちりとしていて、顎もとても強く獲物をしっかりと捉えることが出来ます。

ボルゾイの被毛は絹のように細くかるくウェーブのかかったオーバーコートと寒さに耐えるためのアンダーコートのダブルコートです。

長い被毛を靡かせながら、風を切って走る姿がダイナミックでとても美しいのも、ボルゾイの魅力の一つです。

ボルゾイの性格ってどんな感じ?

オオカミを狩る猟犬と聞けば、ちょっと怖いイメージを想像してしまいそうですが、実はとても物静かで穏やかな性格をしています。

争いごとも好まず、逆にその場を避けて回避するタイプの犬種です。

また、とても繊細で、観察力や感受性がとても高く神経質で臆病な一面もあるので、しつける時は不安や恐怖を与えないように、褒めてしつけると良いでしょう。

猟犬としても本能があるため、散歩中に鳥や他の犬を見つけると追いかけてしまう事もあります。

子供のころから、追いかける癖をしないようにしっかりしつける必要があります。

ボルゾイのかかりやすい病気はどんな病気?

走る姿がとても美しく、穏やかで優しい性格のボルゾイですが、どのような病気があるのでしょか?
注意点など見ていきましょう。

・胃捻転(胃拡張胃捻転)

胃が拡張して、ねじれてしまう病気です。

胃の周りの血流が遮断されて、ショック状態になるため、とても危険な病気です。

大型犬によくみられる病気で、フードの食べ過ぎや過度の運動がで胃が拡張し、それに伴って胃捻転を起こしてしまいます。

ドライフードを多量に食べた後にたくさん水を飲むことで、胃の中で膨張して胃拡張を起こして今うので、食事の量には注意が必要です。

食事のあとの運動で、急にぐったりとして、多量のよだれを流している場合は胃捻転の可能性が高いので、早急に動物病院に連れていきましょう。

食事の量に注意して、量を減らして、回数を増やすなどの工夫をしてあげましょう。

・熱中症

急激な体温の上昇(40℃以上)による脱力感口を開けたまま、苦しそうに早い呼吸をしていたり、横になったまま起きようとせずにヨダレをたくさん流す、お水も自分で飲めまなかったり、目が虚ろになったりしたら熱中症の疑いがあります。

応急処置として、日陰に移動させる、冷水で濡らしたタオルを体に巻く。

とにかく、体温をを出来るだけ早急に下げる事を試みて下さい。

そして、早急に獣医師の診察を受けて下さい。

・免疫性血小板減少症(IMTP)

血小板は血液中にあって、血液凝固の役割持っています。

犬が出血をした場合に止血に重要な役割を果たしています。

免疫性血小板減少症は、なんらかの原因で、自分の血小板を破壊してしまい、様々な症状を引き起こす病気です。

血小板が壊れると、血液を凝固する役割があるため、血小板が壊れてしまうと、怪我などで出血したときに血を止めることができません。

はっきりとした原因は分かっておらず、感染や遺伝的なものも原因の一つと考えられています。

また、薬剤や腫瘍などで自己免疫が刺激され、免疫性血小板減少症を発症する場合もあるとも考えられています。

症状は、血尿、鼻血、歯肉からの出血、体のあちこちに点状もしくは、斑状の出血が起こるなどがあります。

治療は、一般的に副腎皮質ホルモンなどの投与で、免疫機能を抑える治療が行われます。

投薬での治療で効果が得られない場合は、脾臓を摘出する外科的手術を行う場合もあります。

治療を続けていても、再発する可能性があるため、注意が必要です。

原因がはっきりとわかっていないため、予防法もはっきりと分かっていません。

発見が遅れると、重症になってしまうので、早期発見、早期治療が重要な病気です。

血が止まりにくかったり、体に点状や斑状の出血を見つけた時は、症状が進行してしまう前に早目に動物病院に行き、検査をしてもらいましょう。

・進行性網膜萎縮症(PRA)

進行性網膜萎縮症は、文字通り網膜が萎縮してしまい、目が見えなくなってしまう遺伝性の病気です。

遺伝性なので、完治するための治療法はありません。また、最終的に失明してしまいます。

暗い場所を怖がったり、音に対して過敏になったりする場合は、この病気の可能性があるので、早めに獣医師の診察を受けましょう。

・外耳炎

外耳炎は、垂れ耳の犬種がかかりやすい病気です。

耳の入口から鼓膜までの外耳と言う部分が、菌やダニ、アレルギーによって炎症が起きる病気です。

垂れ耳の犬種は、外耳の通気性が悪く、耳の中に汚れが溜まりやすいので外耳炎になりやすいです。

手や脚で耳を引っかいたり、首を振ったり傾ける仕草を頻繁にするようなら、外耳炎かも知れません。

早めに獣医師の診察を受け、マメに耳のケアをしてあげましょう。

ボルゾイの飼い方は?

心優しく、優雅に美しく走るボルゾイの飼い方について、注意点やしつけなどどのようにすれば良いのでしょうか?

ボルゾイの飼い方の注意点は?

ボルゾイは、気温の変化にとても敏感な犬種なので、超大型犬ですが室内で飼育するのが理想です。

ボルゾイ自身がゆったりと過ごせるだけの広さと、元々、狩猟犬として飼われていたボルゾイはかなりの運動量が必要になるので、しっかり運動できる庭が必要になります。

日本では、それだけの広い家はなかなかないので、ボルゾイの飼育には向いていないかも知れません。

散歩は、一日2回1時間以上が望ましいです。

また、散歩とは別にドックランなどでたくさん走り回れる時間を作ってあげましょう。

ボルゾイの魅力に被毛の美しさと、長い四肢がありますが、その美しさを保つために毎日のケアは欠かせません。

ボルゾイはダブルコートで抜け毛が多いので、一日一回はブラッシングをしてあげましょう。

美しい毛並みを保つために月に一度のシャンプーも行ってあげましょう。

また、耳も被毛が多く垂れ気味なので汚れが溜まりやすく炎症を起こしやすいので、最低でも一週間に一回は耳掃除をしましょう。

ボルゾイのしつけはどうすれば?

優れた視覚力と脚力で狩を行っていたボルゾイは、動くものにはとても敏感に反応します。

例えば、散歩中に小鳥などを見つけると、反応して追い駆け出してしまいます。

狩猟犬の本能なのでしかたないのですが、思わぬ事故に繋がる可能性があります。

子供の時から、待て!、が出来るようにしっかり訓練しましょう。

また、とても感受性が高いので叱ってしつけるのは厳禁です。精神的にデリケートなボルゾイは、ストレスで、神経質になってしまったり不安や恐怖を感じてしまいます。

優しく褒めてしつけましょう。飼い主には従順な性格なので、優しく褒めることでちゃんと聞いてくれるでしょう。

ボルゾイの食事はどのように与えればいいの?

ボルゾイは、超大型犬なので、大型犬特有の胃捻転になりやすい犬種です。

食事は、一度にたくさんではなく、少しずつ分けてあげる工夫をすると胃捻転になりにくくなるでしょう。

また、食事用の台はボルゾイの大きさに合わせた高さにしてあげてください。

超大型犬で運動量の多いボルゾイの必要な食事の量もかなり多いと考えて下さい。

フードにかかるコストも高くついてしまいます。

ボルゾイのまとめ

とても優雅で、被毛を風に靡かせて走る姿がとても美しく、またとても穏やかで優しい性格のボルゾイ。

ゆったりとした環境で、優しくしつければ信頼関係もしっかり築くことが出来、生涯素敵なパートナーになってくれます。

ボルゾイは日本で飼育されてる頭数はとても少ない犬種ですが、子犬のとこからしっかりとしつけを行い、飼い主との上下関係をしっかりと教えれば、飼い主との信頼関係も深まり、生涯かけがえのないパートナーになってくれます。